物憂げに暇で暇で

真っ白から始める人生初ブログ

サーロインステーキカレー

なんとなくカレーライスが食べたいなと思って、お店へ入店。

着席してメニューを確認!ポークカレーでもシーフードカレーでもビーフカレーでもない。そこには圧倒的存在感を放つ"サーロインステーキカレー"の文字。

「サーロイン?カレーの上にサーロイン?」ヤバい!これは旨そうだ!「なるほど!なるほど!そう来る〜。」

ステーキ肉の王様、サーロインとカレーの融合・・・う〜ん、腹もペコちゃんだしコレにするか。

そしてサーロインステーキカレーを注文した。

待ち遠しいカレー、店内に溢れる香辛料の刺激的な香り。店の奥からはステーキを焼いているであろう音。

「ジューーーー。ジューーーー。」

 

たまらない。私の胃腸はすでに臨戦態勢、いつでも準備オッケーだ。

 

そしてその時は来た!店員が奥から出てきた。他に客はいない、私のカレーだ!

目が合ったら気まずい、目線を正面に向け堂々と待機する。

店員:「お待たせしました。」

私の眼下に広がった神々しい光景!そこには!

 

"熱々の鉄板に乗ったサーロインステーキ"と"カレーライス"

 

「単品じゃねぇかぁああああ!」

 

店員:「鉄板が熱くなっておりますので、お気をつけてお召し上がりください。」

 

ちげぇよ、ちげぇよ(泣)

こんなんじゃなかった!こんなの想像してなかった(泣)

カレーの上を華麗にサーフィンしてるサーロインステーキを見たかったんだよぉ(泣)

これならメニューに"サーロインステーキとカレー"って書いてくれよぉ(泣)

 

来てしまったものはしょうがない、食べよう。

 

カレーライスを一口「うめぇ・・・。」

 

以上、ありがとうございました。